三連休はAbemaTV 72時間ホンネテレビに入り浸り

2017年11月の三連休は
AbemaTVの72時間ホンネテレビに入り浸っていました。
特にSMAPファンとかでもないですし
AbemaTVというのも知らなかったのですが
というより、、、、
アメブロやってますが
AmebaTVって知らなかったので
ちょっと覗いてみたらはまりました。
連休ずーと見てました。

◆ネット、ネットTVの革命の日
2017年11月5日は
インターネットが新し段階へ踏み出した
ネットTVに革命が起きた
日だったと思います。
3日間ズーと見ていて
それをひしひし感じました。

家に帰ってきたらまずテレビをつけ
それから寝るまでズート
ある意味BGMのように
テレビがついているテレビっこで
生まれながらのテレビ世代です。
しかし、最近なんだかテレビがつまらなく
なったいました。
ついつい当たり前のように
見てしまったことに後悔の思を
持つようになっていました。

それが、AbemaTVの72時間ホンネテレビをみていて
テレビのよき時代
大げさかも知れませんが
テレビに無限の可能性を感じていた頃の感覚を
思い起こされました。

そもそも、なぜ
今のテレビがつまんなくなったかというと
真新しいものが期待出来ない無力感
「やらせ」象徴される展開のパターン化
現代社会にテレビも追随してしまった
事なかれ主義で冒険をしなくなった
などなどがあげられると思います。

それが、AbemaTVの72時間ホンネテレビでは
コマーシャルとっても当たり前ですが
地上波とは全然関係のない時間に
好きなタイミングで入っちゃうし
40分もコマーシャルなしで
ぶっ続けでオンエアてなこともしばしばあり
内容もある程度仕込んではいるのだろうが
「えっ!どうなるの???」と
思ってしまう先の読めない展開!!
それは、元SMAPの香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎の
バラエティーでも大ベテランの3人がなせる業でした。

私もテレビっ子でありならが
インターネットも創世記からやっていますが
インターネットの一番のいいところは
自由さ(違法なことは勿論誹謗、中傷もいけないが)
速さ(すぐに情報を発信できる)
手軽さ(大掛かりな設備がいらない)
だと思います。
その世界へ、
今回のような香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎の
テレビで培った業を持った人たちが
乗り込んできて尚且つ
テレビより自由にやっちゃたら
それは面白いに決まってるよね~(^^)ニコ

インターネットはこれまでの
ホームページ、SNSの時代から
テレビ、インターネットテレビの
時代へと2017年11月3日大きな一歩を
踏み出したと思います。
2017年11月3日は記念すべき日
大きなターニングポイントだったと
強く強く思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。