幻の泡盛「泡波」リフレッシュ休暇Vo8

勤続30周年記念で頂いた15日間の
土日と休日をあわせると18日間の
休日でしたがメインイベントは
日本最南端の波照間島を中心に
4泊5日の 旅行でした。

今振り返るといっぱい
お酒を飲んだ旅でもありました。

よかったなぁーと思うのは
波照間島で 幻の泡盛と
言われている 泡波という
お酒をたくさん飲みたことです。

最南端・波照間島の酒 【泡波】 波照間酒造所のホームページ
http://awanami.net/index.html

泡波は 面積 12キロ平方メートル
ちょっとの島で製造されている
地元の泡盛です。

生産量が少ないせいか?
島以外で買うことは
大変難しいお酒です。

wp-1456931536339.jpg

自社のホームページで
他のホームページで
法外な値段で売っている
ようですが 関係はありません。
とわざわざ説明しているほどです。

そんなに人気なら自社の
ホームページで高い値段で
販売したら良さそうな
ものですがそうはしていません。

島の人優先 に出荷しているお酒です。

そこがまたこのお酒の
いいところです。

小さな島ですが 居酒屋さんが3件もあります。

当然のことですが 居酒屋さんでは好きなだけ泡波が呑めます。

お酒が飲める彼女と二人で毎晩この泡波をおいしくいただいただいていました。

この居酒屋さん情報は
こっちのブログ
「ファイターズ観戦記、札幌のB級グルメ、レジャースポットを紹介」の
波照間の呑み処
をみてネ!!(^^)ニコ

運が良かったらお土産用の小さな瓶ではなく2号瓶が島の売店で売っています。
根気よく通った結果 四本も手に入れることができました。

もったいなくてなかなか飲むことはできず
帰ってきてからしばらくたちますが
まだ3本残っておます。

wp-1456931549434.jpg

味は飲みやすくスートと入ってくる感じです。

泡盛と言えば癖がある印象が強いですが、
この泡波はそういう感じではありません。

とても美味しいお酒です。

また波照間の思い出がそうさせるのかもしれませんがネ(^^)ニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。